ハイスピード・プラスエリア・ノーリミットって何?WiMAXのルーター選びの落とし穴

ハイスピード・プラスエリア・ノーリミットって何?WiMAXのルーター選びの落とし穴
WiMAXのルーターを選ぶ際に「対応モード」や「対応ネットワーク」など、よく分からない言葉が出てきますよね。
この「通信モード」「対応ネットワーク」を理解しないと、どのWiMAXルーターを選べばいいのか分かりません。

WiMAXを賢くお得に契約するためにWiMAXルーター選びは重要なんです、ここでは「通信モード」「対応ネットワーク」など専門的な用語を簡単に解説し、一体どのWiMAXルーターを選べばよいのかを初心者でも分かりやすいように紹介します。

WiMAXの対応モードの違いを解説

WiMAXのモバイルルーター端末のスペックを確認すると「対応モード」「対応ネットワーク」などの項目がありますが、一体どんなことを指しているのかをご説明しましょう。

対応モードには「ノーリミットモード/ハイスピードモード/プラスエリアモード」の3つのモード。対応ネットワークには「WiMAX/WiMAX2+/au 4G LTE」の3つのネットワークがあります。

UQWiMAXがそれぞれの関係性を簡単に図に示してくれています・・
WiMAXはノーリミットモード・ハイスピードモード・プラスエリアモードがある
出展:UQ WiMAX(通信モードについて)

ノーリミットモード

ノーリミットモードとは、WiMAXのエリアを利用した通信速度が低速(下り最大13.3Mbps)の通信モードで、契約プランに関係なくその名の通りノーリミット(通信制限無し)となっています。

2009年からWiMAXのサービスが提供され、モバイルデータ通信の中でも「データ使用無制限・使い放題」を売り文句に人気を得てきたサービスでした。2013年にWiMAX2+の高速通信サービスが提供されるようになり、今後はWiMAX2+のネットワークを強化するため、2018年4月にはノーリミットモード(WiMAX)のサービスが提供されなくなります。

ハイスピードモード

ハイスピードモードとは、WiMAXとWiMAX2+のエリアを利用した通信速度が高速(下り最大440Mbps)の通信モードで、契約プランによって通信制限が7GB/月間(通常プラン)か無制限(ギガ放題)となっています。

2013年からWiMAX2+として「高速通信」を売りにサービスを提供してきました。WiMAXは通信制限が全くないのに対し、WiMAX2+には「3日間で10GB」という通信制限が設けられています。とはいうものの3日間で10GBというのもかなりのヘビーユーザーでない限り制限がかかることは無いでしょう。

ハイスピードプラスエリアモード

ハイスピードプラスエリアモードとは、WiMAX2+とau 4G LTEのエリアを利用した高速通信のモードで、契約プランによって通信制限が7GB/月間(通常プラン)か無制限(ギガ放題)となっています。

WiMAX2+の電波が圏外であるときにau 4G LTEの電波(ネットワーク)を利用して高速通信をカバーしてくれるので、ハイスピードモードより通信エリアが広い通信モードといったところでしょうか。ハイスピードモードを利用するにはオプション料金(1,005円/月)が必要となります。

対応モード・対応ネットワークからWiMAXのルーター機種の選び方

結論からいいますと、「W04」が断然おすすめなんです。

どのプロバイダを見てもモバイルルーターについては「W04」「WX03」の2つを推しています。「W03」や「WX02」などの古いモデルについては新規申し込みについては受け付けていません。

「W04」がおすすめな理由

「W04」の対応モードはハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの2つです。ハイスピードプラスエリアモードは、オプションなので契約後に追加することも可能です。万が一契約後にハイスピードモードの通信環境に不満があってプラスエリアモードのオプションを追加しても、ルーターが対応していなければ利用できません。

古いモデルが楽天やオークションで手に入るけどどうなの?

過去または現在WiMAXを契約していて、古いWiMAXルーター端末をお持ちの方もいらっしゃると思います。またこれから契約を検討される方で、先にオークションや楽天などで中古のWiMAXルーター端末をお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか?古いWiMAXルーターの端末でもご利用できますが確実に損します!

WEBでWiMAXのキャンペーンから契約すれば、最新機種のWiMAXルーター端末が無料で利用できるのでご安心ください。また、現在契約中の方に対しても機種変更キャンペーンや乗り換えキャンペーンを行っているプロバイダがあるのでお得に最新機種へ変更する事も可能です。

まとめ

WiMAXルーター端末は「W04」がおすすめ。
これからますますWiMAX2+(ハイスピードモード)の通信環境が向上し、WiMAX(ノーリミットモード)の通信速度が低下するのは間違いありません。

契約期間中であれば、au 4G LTE(プラスエリアモード)のオプションが契約変更可能です。契約時にルータのモードがプラスエリア対応なものを選ぶことで利用の幅が広がります、プラスエリアが必要のない人でも「W04」は今なら無料なので問題ありません。